イカメタルで数を伸ばす釣り方


前回の記事では棚の重要性について説明しました。


そこで、今回はその見つけた棚で


どうアプローチしてシロイカを取っていくか


という部分について説明したいと思います。


これは私の経験上での話ですので、一般的に言われている方法とは異なる場合があります。

こういうアプローチもあるのかーくらいに思っていただければ幸いです。


スポンサードリンク

数を伸ばす釣り方とは?

これは前回の記事でも書いたようにまずは「」を探して
狙うべきエリアを絞るところからスタートです。


次にイカを誘って抱かせる。という感じです。
あと考えるべきは、ベイトがいる水深の「上」なのか「下」なのか。
またはベイトの群の「中」なのかが大事になります。

私は「数を釣りたい」ならベイトの「下」あたりを狙います。


私の経験上、上まで上がってくるのは好奇心が強く食い気のある
小型〜中型の個体だと思っています。


そういうのって数が少ないってことはないんでしょうけど、下で待ってるイカのの方が釣れやすいし、大きな個体が多いと思ってます。


あと、下で掛けてゆっくり巻いてくると掛かっているイカが暴れることで
他のイカにもスイッチが入って全部のスッテにイカが掛かって上がってくるなんてことも期待できます♪


かといって「上」がだめとか「中」がだめと言ってる訳ではありませんのでいろんなことをしてみてください。


大剣サイズは一般論ではボトム付近だったり、ライトの明暗の外側とか言われます。
確かにそこにもいると思いますが、わたしは大剣って割と浅い場所にもいると思ってます。


意外と10m以内で当たって特大剣!なんてこともあったりします(笑)


どうやってシロイカを抱かせるのか?

スポンサードリンク

活性が高い時

私の場合は高活性の個体がいると判断した場合は、棚を合わせてから


ステイ→シェイク→ステイ→ショートジャーク→ステイ


のようにゆったりとしたテンポで誘って行きます。

※シェイクを入れる場合は枝糸の短いものを使いましょう。
よく、ロッドを小刻みに揺らしているだけの人とかいますが、
枝糸が長いとスッテは「動かない」です。


 

活性が低い場合はリアクション狙いになります。
ロングフォールやハイピッチジャークなどで

イカの視界からスッテを消して戻す

という動きが有効です。


または、イカに見えるように早く逃げていくというイメージです

活性が低い時

活性が低い場合はリアクション狙いになります。

ロングフォールやハイピッチジャークなどで

イカの視界からスッテを消して戻す

という動きが有効です。


または、イカに見えるように早く逃げていくというイメージです

これでも抱かないレベルで活性の低い時は、「スーパースローリトリーブ」です。
要は「めっちゃゆっくり巻く」ってことですよね。


これ棚が深いとびっくりするくらい手返し悪いんですけど、釣れるんです。マジで(笑)


ただ巻きはある意味最終兵器です(笑)これが引き出しとして有るか無いかで明暗は別れると思います。


あと、これは主にイカだけのようですが、本当にカラーによって反応するしないが激しいです。

なので最低5色くらいは持つようにしてください。
鉄板カラーの赤白、赤黄、赤緑、グロー、ケイムラなどなど。

スッテのサイズは4号くらいで良いと思います。


まとめ

シロイカの数釣りはやり方さえわかってしまえば結構なんとかなる釣りです。


ちゃんと棚合わせて、いろんなアプローチを試すことで、そこの日のパターンがわかります。


イカメタルって1度釣れたパターンで連発することが多いです。
短時間のこともあれば、終日そのパターンで釣れることもあります。


そこを見つける事が出来るかどうか。できた結果が1日100杯超の釣果に繋がります。

参考にしてみてください!

補足


ベイトの「下」を狙うイメージでやっているのですが、明確にベイトの「切れ目」ってなかなか判断つきません。


なので私の場合は、ショートジャークだったり、早まきした時にベイトが当たったり当たらなかったりする水深を切れ目と考えることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする