スロージギングで上げで食わせる意識

前回のタラ釣行のPMにカンナカに移動してお土産釣って帰ろうっていう話になった時に、同行の友人から

上げで食わせられるようになりたい。

という相談を受けました。

普段「上げで」食わせてるって言う意識はあんまりないのですけど(笑)
上の針に掛かってることもたまにあるなぁと思ってちょっと意識して釣りをしてみました。

ちなにこの日のタラは全てジグの下げ始めで当たってますので「上げ」ではないです。
なぜ突然「上げ」なんだろうと思いつつ(笑)

上げで食わせるとは?

要は「青物のハイピッチ」ですよね。
ガンガン上げてる最中に青物はアタックしてきます。

これをスローでやって出来ない事はないんでしょうけど、基本的にスローは

フォールの釣り

だと私は思ってます。

とは言いつつも、スロージギング用のジグにも上げに特化したタイプは存在します。
例えば「SFCのシークレットレクター」これは上げを意識したジグだと聞いた事があります。

あとは「上げ」と言うか「止まった瞬間」、要は食わせのタイミングですね。
この時にアタックしている魚はかなり多いと思います。

ジグが飛んだ瞬間食った!って言う経験はありますが、根魚というよりは圧倒的に青物が多い気がします。

それでは実釣

この日は釣り座適当だったので、とりあえず友人に私の横に来てもらいました。

県外から来てくれている人達のお土産釣らないといけなかったのでちょっとだけガチです(笑)

まず「上げ」でという話だったであんまりフォールを入れずに中層までを丁寧に攻めます。
しかし、釣れるのは「止め」と「フォール」。
ゆっくりとしたピッチで上げていてもあたりはありません。

う〜ん。ここでちょっと迷いが出ます。
自分でも青物以外を「上げ」で食わすというイメージがない(ーー

という事でゆっくりしたワンピッチではなく、普通にワンピッチで中層まで一気に上げてたら「ドスン」という当たり!

安定のハマチさんだったので写真を取る事なくリリース。
やっぱり青物かぁ。

ベイトの反応がある場所でハイピッチ入れれば「上げ」で青物無双状態。
でも緩めのワンピッチだとあんまり反応しない。

なるほど。

やはり、スローで言う所の「上げ」で食わせるっていうのは「止め」のタイミングで食わせるっていうイメージでいいのかもしれません。

まとめ

今回はスロージギングの「上げ」で食わせるっていう点について意識てみたことをまとめてみました。

今回の釣行では「上げ」て釣ったと思えるのはハイピッチで掛かったハマチ2匹でしたね。
やはり青物はハイピッチへの反応いいです。

あとはいつものスロージギンをして、上げっていうのを意識してみましたが、当たるのはジグが「止まった瞬間」、「ジグが下げ始める瞬間」、「フォール中」でした。

まだ真面目に意識してみたのは今回だけなので、ちょっと回数と考察を重ねて、理論化していければいいなと思います。

また釣りに出たらこれはシリーズでお届けします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする