宮尾俊太郎(バレエダンサー)の経歴は?その実力、評価はいかに?【プレバト】

2019年9月5日(木)  19時00分~20時00分放送の「プレバト!!」にバレエ王子こと、イケメンバレエダンサーの宮尾俊太郎さんが出演されますね!


本人のインスタグラムでも告知があります♪

今回は俳句と消しゴムハンコに挑戦されるんですね〜!

宮尾さんの俳句の腕前はどうなのでしょうか?
そちらの腕もきになるところですね(笑)


今回はそんな宮尾さんの経歴やバレエダンサーとしての実力、魅力、評判をしらべました。


それではご覧ください。

スポンサードリンク

宮尾俊太郎さんの経歴

名前宮尾俊太郎(みやお しゅんたろう)
生年月日1984年2月27日
出身地北海道札幌市
学歴北海道有朋高校(中退)
ジャンルバレエダンサー、タレント
所属K-BALLET COMPANY(監督:熊川哲也)


宮尾さんは14歳でバレエを始め、高校を中退して17歳でフランスに留学してます。(カンヌ・ロゼラハイタワー)


17歳って高校2年に当たる年ですね。
高校を中退してフランスに留学ってすごい行動力だと思います。


私だったら絶対に真似できません・・・
やはり成功する人というのはこれくらいの行動力が必要なのでしょうか。
高校を中退して留学したいという想いを理解したご両親もすごいと思います。


私は2人の子供がいますが、高校をやめて留学したいと言われたら送り出してあげることは出来だろうか。わかりません。


2004年に帰国してから「熊川哲也」さんが率いるバレエカンパニーである
K-BALLET COMPANY OFFICIAL」に所属されています!


2008年に「たかの友梨」のCMに出演して米倉涼子さんのダンス相手役をしたことで有名になりましたね。

2008年8月から2010年9月まで「アナザースカイ」のMCもされてましたね!

宮尾さんの実力は?

Kバレエカンパニーに入団後、2015年12月に「プリンシパル」に昇格したということです。


プリンシパルというのはバレエ団の中の階級を示すものだそうで、

トップ階級にいるダンサー

のことを指しているようです!!

もともとは英語圏のバレエ団で、主役級のダンサーを指す言葉ったものが世界に広まって一般的に使われるようになったのだそうです。


プリンシパルは通常は主役しか踊らない

かっこいいですね・・・w

Kバレエカンパニーのホームページによると、「プリシパル」と書かれているのは5名しかいらっしゃらないということを考えるとその実力派はかなりのものなのでしょう!!

宮尾さんの評判はいかに?

バレエダンサーとしてだけではなく、人間としての魅力もあってネットの評価も良い感じですね♪

https://twitter.com/nao38444434/status/1132988336417546242

まとめ

バレエの実力、評判だけではなく、人間的な魅力も備えておられる宮尾さん。

これで俳句の腕もすごかったら完璧ですね(笑)

番組を楽しみにしましょう♪♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする