くら寿司のバイトが拡散したのは仲間同士のトラブルが原因!?

この上半期もバイトによる問題行為、いわゆる「バイトテロ」が多く発生して世間から注目を集めていましたね。

・「しらたき」を口に入れてから「おでん」に戻したコンビニ店員(セブン)
・「唐揚げ」を床に擦り付けてから揚げたカラオケ店員(BIGECHO)
・タバコ吸いながら調理する(バーミヤン)
・食洗機で靴下を洗ったバイト店員
・お盆で「アキラ100%」のモノマネをした店員

などなど、普通に考えてNGだとわかるものをなぜ動画拡散したりするんでしょう・・・

私にはその気持ちわわかりません。
そんな中で、くら寿司のバイトの件はどうやら拡散した経緯が他のものと異なっているという噂を聞いて調べてみました。

スポンサードリンク

くら寿司のバイトテロ概要

アルバイトのスタッフがゴミ箱に入れた生魚を取り出してまな板に乗せようとしている「画像」や「動画」が拡散したもの。

仲間の中だけで楽しむつもりだったらと供述しているようですが、こんなの見て楽しいのでしょうか??

バイトテロがによる書類送検は3名

色々な情報を集めてみると、今回書類送検されたのは元バイトのAさん、Bさん、その友達のCさんの3名です。

Aさん => 動画を撮影していた人(高校生)
Bさん => まな板にゴミ箱から取り出した魚の切り身を置いてた人(専門)
Cさん => Aさんの友人

ここで、なんで友達のCさん書類送検されてんの????っていう疑問が。

バイトテロが拡散させたのはCさん!?

調べてみると、このバイトテロを拡散させたのは「Cさん」だということ。
何故に???

ニュースによると、Aさんはインスタグラムのストーリーに公開して、先輩から不適切動画だと注意を受けたため3時間後に削除してた。

ただ、この動画みていたCさんが自身のスマホに動画を保存していたようなのです。

そして、AさんとCさんとの間でトラブルが起こって不仲になり、動画を拡散させてAさんに責任を取らせようという目的で動画を拡散させたという話です。

これ、Bさんが超気の毒ですね・・・
やったことは許されることではないんですけど、Aさんがインスタのストーリーを消した時点で一旦は収まるはずだった出来事が、AさんとCさんの問題で情報が拡散されてしまって自身も刑事罰を受けてネット上に一生残ってしまいます。

今のネット社会でこれは相当辛いと思います。
私は会社で面接なども経験していますが、最近は必ずネットで問題を起こしていないか調査しますからね・・・

若気の至りというか、その時の気分での悪ふざけかもしれませんが、その代償は小さくはないと思います。

まとめ

このニュースを見て、たとえ3時間程度だったとしても多くの人が見ることができるSNSにこういった動画をアップするというリスクがどれだけ大きいか、よくわかると思います。

今回はAさんとCさんが喧嘩してそのままになっていなければ、拡散されることもなかったのでしょう。

軽い気持ちでやって、実際にそれが拡散してしまった時の代償は本当に計り知れません。

実名特定されてしまうとネットに永久に残ってしまいます。
そうするともちろん就職にも不利になりますし、家族にも影響が出る可能性があります。

こういうバカな行為は絶対にやめましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする