Amazon AWSで大規模障害!!既存サービスへの影響は?また、復旧の状況はどうなっている?

2019年8月23日の昼過ぎからアマゾンが提供するクラウドサービス「AWS」で大規模な通信障害が発生しました。

現在もスマホ決済やソーシャルゲームなどのサービスが利用できないという状況になっています。


私も会社でAWSを使って検証環境を構築したり、サービスを提供しています。
幸いなことに勤務先の会社では大きな影響もなく、継続して利用できています。


大規模障害の原因は?また、既存サービスへの影響、復旧の見通しについて調べてみました。


ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

既存サービスへの影響は?

現在、Amazonからは影響を受けた企業の数は不明だという情報が出ているということです。

世界中のサーバーで障害が発生しているようですが、日本の赤さやばいですね・・・

日本の大都市部で影響が大きのは「東京リージョン」で大規模障害が発生中だからでしょうか。

影響があった既存サービスは確認できだけで以下のものがあります。

影響のあったサービス(企業)一覧

・PayPay
・ユニクロ
・楽天
・東急ハンズ
・GameWith
・ローソン
・Zaif
・freeee
・アクサ生命
・アソビズム
・チャットワーク
・バンダイナムコオンライン
・チケットスター
・スマートニュース
・GU
・ヴァル研究所
・日本郵政
・Mixi
・Sansan
・SmartHP
・Gree
・KONAMI

など、多数に上っています。

障害の原因は?

ネット上では色々な情報が出ています。

公式の発表では「サーバの過熱」であるとしています。
サーバーの制御システムの障害により、サーバの温度が上がりすぎたこと原因だったという。


Amazonによると、今回問題が起きたのはEC2の東京リージョンを構成するデータセンターのうちの1つで、AZ冗長化システムに問題が発生したため、冷却システムに障害が起きてサーバーが「過熱状態」になったのだとか。


影響のあるインスタンスについても現在復旧を進めているようですが、Amazonは「可能であればインスタンをリプレース(作り直す)ことを推奨する」としています。


インスタンスを作ること自体は簡単ですからね!

現在の復旧状況は?

以下のTwitterでも書かれたいますが、現在はほぼ復旧されているようです。

まとめ

この事故での影響範囲を見ると、以下AWSを導入している企業が多いかわかりますね!


最近AWSってトラブルが多い気がします。


先日、うちの会社がお客様にサービスを提供しているサーバーが突然アクセスできなくなって、コンソールからも接続不可。
大至急新しいインスタンス作って接続先を変更したという事故もありました。


今回、AWSのサーバートラブルが今一般的に使われているようなサービスにも影響があるということを多くの人が理解したと思います。
Amazon社もこの機会に、改めて管理方法などを見直してサービス向上に努めてほしいと思います。


しかし、この規模の事故での復旧時間としてはかなり早いと思いました。
さすがAmazon。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする